2011年02月17日

シビレ罠

ハプルボッカが幌馬車の方へ砂煙を上げながら近づいてくる。
きみはそれを確認しながら
トラップツールの中から円形の物体を取り出し
中心部を開け、雷光虫に衝撃を与えないように
そっと落とし込む。

雷光虫が衝撃で放電しきっていなければ
これでシビレ罠として発動するはずだ。

既にこの時にはハプルボッカが眼前に迫っていたが
きみは起動スイッチを押して足元にシビレ罠を置き
突進を避ける為に横に飛んだ!

後ろではハプルボッカが大音量で吠えながら
身もだえしている。
シビレ罠から発せられる電気で体がしびれ
満足に動く事が出来ないのだ。

きみは起き上がりながら大剣を背中から抜刀し
力任せにハプルボッカを攻撃した。

シビレ罠は暴れるハプルボッカの下で
すぐに壊れて使い物にならなくなったが

とりあえず今回はダメージを与える事が出来た。

ハプルボッカは一旦退いたがまだこちらの様子を伺っている。


ところできみはこれまでに何度攻撃に成功しただろうか?

3回は成功しました
まだ3回には達していません





posted by Is at 23:18 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1つ目の幌馬車

必死に走って商隊に追いつこうとするが
まだまだ距離が離れている・・
とても間に合わない!

いよいよハプルボッカは
巨大な口を開け
幌馬車を引いていたアプトノスに食らい付き
飲み込んでしまう。
先頭の幌馬車もそのまま体当たりを受け破壊された。

横を走りながらそれを見たフランネルは
「ハンターさんよりボクの方が足が速いニャ!
お先ニャ!」

と言うが早いか4足走行に切り替えて
走っていってしまう。
きみは騒音の元になっている動物達を
商隊から切り離すよう後ろから声を掛けた。

それが聞こえたのかフランネルは
商隊に突入すると
混乱する商人達の間を突っ切り
動物達に付けられた軛を次々と破壊していった。

逃げていく動物達。
そしてそれを追うハプルボッカ。
次々と動物達が食べられていくのを見ながら
商人達はただ立ち尽くしていた・・

ようやく商隊に到着したきみは
商人達に伏せている様指示を出し
遠くで動物達を捕食しているハプルボッカに
向き直る。

そしてその横に一仕事終えた
フランネルがやってきた。

とりあえずの窮地は切り抜けたが
逃げている時間は無い様だ・・

ハプルボッカが様子を伺いながらこちらへやってくる。

1つ目の幌馬車が壊れたのを覚えて次に進もう



posted by Is at 23:16 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小タル爆弾

火薬草をこの商隊が積んでいたのは幸いだった。
きみはつくづくそう思いながら
小さなタルの中に火薬草を詰め
フタを閉じ、小さな栓だけ開け
ハプルボッカの近づいてくるタイミングを計る。

5・・4・・

絶えず持っている火口を取り出し
中に入っている皮ひもを
ナイフで少しだけ切り、火を移し始める。

3・・2・・

火が移った皮ひもをタルの中に入れ栓を閉じる。

1・・

きみが後ろに数歩下がったところで
ハプルボッカが小タル爆弾の上を通過する。

0!

小タル爆弾が軽い音を立て爆発し、
ハプルボッカが突然の痛みに思わず顔を上げた!
その隙を狙ってきみは背中の大剣でその顔面を強打する。

びっくりしたハプルボッカは一旦深く潜り
遠くへと退いた。

きみは攻撃に成功したのだ!

これが3回目の攻撃成功ならもう十分時間を稼げた事になるのだが・・

3回は成功しました
まだ3回には達していません



posted by Is at 23:15 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする