2011年02月03日

休息

きみはこの見事な景色を見ながら少し休息を取る事にした。
村長から貰っていたユクモ温泉たまごの事を思い出し
懐から取り出し殻をむき始めたその時、
竹林に軽い足音が響き始め
ゆっくりときみの側へ。

姿を現したのはネコに似た姿を持つ獣人族アイルー。
彼らは知性を持ち、人語を解する為
人間と友好関係を結ぶ事もある。

背が小さい為にきみの前に立つと
丁度目線は温泉たまごの前だ。
どうしようか・・

もしこのまま彼の目線に気付かなかった振りをして
ユクモ温泉たまごを食べれば
この狩りの間は自然回復力を高める事が出来る。

何となく気まずいのでユクモ温泉たまごを食べるか聞いてみる
ユクモ温泉たまごを食べて自然回復力を高めて森に向かう
ユクモ温泉たまごを食べて自然回復力を高めて古い社へ






posted by Is at 00:55 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする