2011年02月03日

上流

川沿いから足跡を追って渓流を登って行く。
ゆるやかだった流れは次第に速さと増し
迫力を帯びてくる。
砂利も今ではゴツゴツとした岩へと変わり
周囲は渓谷へと姿を変えていく。

どうやらここはアオアシラの巡回ルートの様で
青熊獣の縄張りを意味する
体をこすり付けられて樹皮がはがされた木々を見る事が出来る。

そして足を止めると
前方からは大きな足音が・・

幸いこちらが風下、上手く近づけた様だ。

ここまで来れば足跡を確認しながら静かに歩く必要も無い
きみは小走りで川を上流へと進み一気に獲物との距離を縮める。

すると前を行く足音も止まり
獣のうなり声が響いてくる。
思ったより近い。

そう感じたきみは腰のユクモノ鉈を引き抜き
出来るだけ視界の利く位置を取る様に走る。

数歩走った所で相手は姿を表した。
相手もまたきみを視界に捕らえる為に
後ろ足で立って警戒していたのだ。

4足歩行に戻り、間合いを近づける為に走ってくるアオアシラ。
きみはそれに向き合う様にして走り
交差しざまに鉈で一撃目を腹部へと命中させる。

アオアシラは強烈な痛みに野生の闘争心を掻き立てられ
振り向きながら立ち上がり強靭な腕を振り上げる!

攻撃.jpg

次に来る強烈な一撃をきみは絶対に回避しなくてはならない!!

両爪の振り下ろしと読んで懐に飛び込みこれを避ける
爪でのなぎ払いと読んで後ろに下がる






posted by Is at 01:08 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする