2011年02月17日

鬼人薬

きみは背負っていた大剣を背中から外し、砂原へ置く。
そしてその上で怪力の種をナイフの柄で数度叩いてから
増強剤の中に入れ、軽く振る。

迫ってくるハプルボッカを睨みながら
増強剤の中に怪力の種の成分が広がるのを待ち・・
きみは一気に飲みきった。

飲んだ瞬間から体中の筋肉が膨れ上がるのを感じる。
鬼人薬の調合に成功したのだ。

この薬は飲めばたちまち
鬼人のごとき力を得られるという
巨大なモンスターを狩る
ハンター稼業にはありがたい薬。

これならばハプルボッカと相対するには
不足な今の大剣でも有効な攻撃を与えられはずだ。

きみは砂原に置いた大剣を軽々と拾うと
大きく後ろへと振りかぶる。

どうせ避けてからの攻撃など出来ない。
避けてからでは幌馬車と商人達に被害が及ぶからだ。

一撃で・・決めてみせる!!

潜口竜はいまや大きく口を開け、
砂ごときみを飲み込もうと突進して来ている。

その速度を冷静に判断して
口の上に醜く広がった鼻を狙い
きみは大剣を縦に振るった。

すさまじい手応えを感じながらも
鬼人薬で強化されているきみは
強引に大剣を振りぬく!!

鮮血がほとばしり大きく後ろへと退くハプルボッカ。
鼻は縦に亀裂が入り、怒りと痛さからか
遠くで咆哮を繰り返している。

攻撃は成功だ!
次の接近時には鬼人薬に効果が切れているが

今なら再び調合する時間が持てそうだ
それとももう3度目の攻撃に成功しただろうか?

今ので3回目の攻撃です
まだ3回には達していません






posted by Is at 23:12 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする