2011年02月17日

小タル爆弾

火薬草をこの商隊が積んでいたのは幸いだった。
きみはつくづくそう思いながら
小さなタルの中に火薬草を詰め
フタを閉じ、小さな栓だけ開け
ハプルボッカの近づいてくるタイミングを計る。

5・・4・・

絶えず持っている火口を取り出し
中に入っている皮ひもを
ナイフで少しだけ切り、火を移し始める。

3・・2・・

火が移った皮ひもをタルの中に入れ栓を閉じる。

1・・

きみが後ろに数歩下がったところで
ハプルボッカが小タル爆弾の上を通過する。

0!

小タル爆弾が軽い音を立て爆発し、
ハプルボッカが突然の痛みに思わず顔を上げた!
その隙を狙ってきみは背中の大剣でその顔面を強打する。

びっくりしたハプルボッカは一旦深く潜り
遠くへと退いた。

きみは攻撃に成功したのだ!

これが3回目の攻撃成功ならもう十分時間を稼げた事になるのだが・・

3回は成功しました
まだ3回には達していません






posted by Is at 23:15 | AGB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする