2010年05月28日

脱初心者!回避の向こう側

さあ!
ここは少しだけ上級のお話。

回転回避のさらに上手な使い方です。
もう回転回避を十分使いこなしている諸兄の方々には
不要な説明ですが、一応書かせてください。

よく達人プレイをYouTubeなんかで見ていると時折見る事のある、
尻尾振りや噛みつき、さらには咆哮なんかを
回転回避のほんのわずかな無敵時間で避けるテクニックです。

これが出来る様になると攻撃回数も増えてきますし、
ダメージを受ける回数ももちろん減りますよね♪

前提としてモンスターの攻撃をよく把握し、
攻撃が自分にヒットする瞬間をよく見極める必要があるので
モンスターハンターにしっかり慣れてからでないと
難しいと思います。

回転回避の基本の利用方法は
・攻撃モーションの戻りをキャンセルして安全な場所に移動
・少し早く移動出来る。
だと思いますので、
ここから説明するテクニックが身に付けられなくても問題ありませんよ♪
この通りに出来ない武器もありますしね。


長文でもお付き合い頂ける方!
説明いきます!


まずは必要な装備があります。


それは太刀です。
これは攻撃が弾かれないレベルの太刀ならなんでも構いません。
例外としてMH3の場合は大剣でも構いません。
理由はまた後ほど。

そしてスキル・回避+2が発動する装備
これはちょっと厳しい場合がありますが、
出来るだけ発動させてください。
すっかり熟練すればある程度の攻撃を
回避スキル無しでも避けられる様になりますが、
それでもスキル無しでは
回避不可能になってしまう攻撃も出てきます。

では上記のものが必要だって事だけ覚えてもらって進めます。


次は太刀の回避受付時間を知ってください。


攻撃が終わった後に次の攻撃に繋げる場合
受け付けてもらえる時間に限りがあるのはご存知ですか?
次の攻撃の入力が遅すぎると、もう攻撃は繋がりません。

この攻撃を受け付けてもらえる時間をここでは攻撃受付時間としますね。

そして攻撃が終わった後に回避を受け付けてくれる時間を
回避受付時間とします。

この2つ、全く違います。

太刀の場合は攻撃受付時間が終了しても、
回避はず〜っと受け付けてくれます。

これは是非確認しておいて下さい。
MHP2G、MH3で確認しましたが、
他のバージョンで同じ事が言えるかは分かりません。
私は太刀・大剣しか分からないので
他の武器でも可能かもしれませんし。

大剣の場合は攻撃受付時間と回避受付時間がほぼ一緒なので、
太刀の様にモンスターの攻撃を限界まで引き付けて
回避するなんて事は行えません。
この魅力的な回避受付時間は
ガードを捨てた太刀の特権なんですね。 MHP2Gまでは。

実は、MH3の大剣は回避受付時間が増え・・ました。
太刀と同じでずーっと回避受付になりました。
なのでMH3の方は大剣でもOKです。
MHP3は現時点で発売されていないので確認のしようもありませんが
どうなっているか・・・気になる所です。


さあ確認してもらえましたか?
攻撃しながら尻尾などを回避するには
この回避受付時間がすごく重要になってきます。

回転回避の無敵時間はほんの一瞬ですから。


実践練習前のポイント


ここまで理解できればあとわずか
ここは確認事項です。
はじめの内は、攻撃を絶対に欲張ってはいけません。
モンスターの攻撃が始まる前には必ず
回避受付時間になっていないと当然回避は出来ません!
普通に行動出来る状態になっていても、もちろん構いません。

コツは
モンスターのスキを見つけて攻撃に移る時に
攻撃回数を決めちゃってください。
それ以上攻撃してはダメです!
太刀の場合は回避受付時間は
ダメージを与えるモーションの後はずーっと続いているので、
攻撃が止まっていれば問題無いんですね。
もちろん斬り下がりとかはダメですよ。


では実践練習行きましょう!


オススメモンスターはナルガクルガ
MH3ならベリオロスですね! イビルジョーでも可。
他のモンスターでも構いませんが、咆哮が長かったり
回転回避の無敵時間では避けきれない攻撃ばかりの相手では
練習になりにくいですからね。

ナルガクルガを選んだ場合は尻尾たたきつけ
ベリオロスを選んだ場合は氷ブレスに気をつけて下さいね。
回避しきれませんので。


ここではナルガクルガを選択します。
スキル・回避+2はちゃんと付けました?


モンスターのスキを見つけたらまず攻撃回数を決めます。

そしてそれ以上は攻撃せずに相手の出方を待ちます。
そして相手の攻撃を、限界まで引き付けて回避します。

回避1.jpg

するとまたモンスターのスキが生まれているので
また攻撃回数を決めます。
それ以上は攻撃せずに出方を待ってまた回避。

回避2.jpg

これのくり返しです。
咆哮は本当に吼える直前から回転回避です。

咆哮回避.jpg

しばらくは倒す事を目標とせず
回避に重点を置いて練習してみてください。
ちなみに、
回転回避の無敵時間ではどうやっても回避出来ない攻撃もあります。
これは安全な場所に移動するしかありません。

以上の事が把握出来れば
きっとその内、実践でもステキ回避が出来る様になりますよ!



脱初心者!攻略カテゴリーに戻る
posted by Is at 10:37 | Comment(0) | 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風圧を無効化! 太刀・大剣

ヴァサッ!ヴァサッ!ヴァサ!

風圧.jpg

うわぁ!ちょっ、ちょっとヤメテヨ!


せっかくの攻撃チャンスに
モンスターに近づいても風圧に阻まれて
攻撃失敗・・・。

スキル【風圧無効】を発動させないと無理なのかな?

私は初心者の頃、
結局翼を持つ大型モンスターの着地には
近づかない事にしていましたが、
実は太刀・大剣はほとんどの攻撃モーションで
風圧が無効に出来るんですよね。


つまり、攻撃を出し続けていれば風圧の影響を受けないんです。
この効果は”スーパーアーマー”、”SA”なんて呼ばれていて、
他にもちょっとしたダメージを食らっても
攻撃モーションを中断しない効果があります。

大型モンスターに攻撃を続けていたら
ダメージを食らった様子が無いのに体力が減ってる?
なんて思ったら
スーパーアーマーの効果が発動されていたのです!

近寄るだけで体力が減るナナ、テオみたいな例は話の外ね。

この効果をはっきり認識すると
モンスターの真下にいて飛び立たれた時、
攻撃をあわてて止めな無い事で風圧を防いだり

モンスターの着地エリアに
攻撃をしながら入って行く事で風圧を防いだりと

上手く活用出来る様になります。

これが出来る様になって来ると、
少しプロッぽい雰囲気をかもし出すので
気分が良くなる事請け合いです!

では実際に有名な例を紹介します。

リオレウスの着地の瞬間ですね。

大剣の場合、溜め攻撃のモーション中も
ずっとスーパーアーマー状態なので
リオレウスの着地を狙って溜めを開始!

溜めちゃう.jpg

で、ドーンと当ててやりましょう!

太刀の場合は、風圧の外で待機。
風圧が発生し始めたら
風圧は連続では無く、断続なので
合間に半歩踏み込んでから攻撃!

太刀の場合.jpg

ちなみに、
現時点ではモンスターハンター3だけですが、
リオレウスがホバーリングをする場合でも
上空での攻撃からホバーリングに移る瞬間に
同様に狙えますよ!


ディアブロスが潜る時の砂埃も風圧効果なので、

接近攻撃中に潜行されたら攻撃を止めず
風圧効果が切れる直前から回避に移行して、
潜った場所の後ろに回りこむ様に2回回避!

現在立っている位置から逃れられれば
急襲を避けられる場合もあります。

ディアブロスが怒ってる時は早いので無理っぽいですけど。


このスーパーアーマー効果。
自分の中でしっかり認識しておけば、
いろいろな局面で利用出来るので
試して損は無いですよ。
モンハンでは常識ですしね。

ちなみに全ての風圧が防げる訳では無いので
それだけはご注意を!


脱初心者!攻略カテゴリーに戻る
posted by Is at 07:30 | Comment(2) | 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

武器の選び方

武器庫.jpg

武器の選定はとても大事!

モンスターハンターでは武器の強化不足や選定のミスをして
クエストに出発してしまうと、
武器がモンスターの体に通らず弾かれてしまったり
1クエスト最大50分の上限があるのでダメージが足らず、
クエスト失敗なんて事にもなりかねません。

モンスターハンターの超達人になると防具を薄くして楽しんだり、
防具を身に着けずクエストをクリアしたりする方もいますが
武器だけはそれなりの物を持って行きます。
(私の知る限りでは・・・!)


さて内容は、私が太刀・大剣がメインなので
太刀・大剣の武器の選び方をお教えします。
モンスターハンターを始めたばかりで、本当に良く分からない方向けです。

上級者の方には既知の情報しか書いてありませんので
読まなくて大丈夫ですよ(^-^)


覚えて欲しい事


斬れ味


まず、1つだけ確実に覚えて欲しい事に斬れ味があります。

武器のステータスを見ると、色の入ったゲージがあります。

それが斬れ味ゲージです。

ちなみにクエスト中は武器のマークに色が付いていて、
現在の斬れ味が分かります。

武器の斬れ味が悪いと大変苦労するのです。

以下をご参照下さい。


武器の斬れ味の色とダメージ
情報:モンスターハンターポータブル2ndG(属性ダメージは簡略化の為省略します)

斬れ味の色:ダメージ補正
:0.5倍、:0.75倍、:1.0倍
:1.125倍、:1.15倍、:1.3倍、:1.5倍

色の後ろのダメージ補正、見てもらえました?
その数値が、モンスターに与えるダメージを計算する際に
現在の斬れ味によって実際に掛け合わされます!!

なので、どんなに攻撃力の高い武器でも斬れ味が悪いと
実際のダメージは大した事無いという結果になります。
逆に斬れ味を上げれば、それだけでダメージがグッ!と上がります。

さらにモンスターを攻撃した時に、
弾かれてしまうかどうかの判定にも深く影響していますので
斬れ味は出来るだけ高いに越した事はありません。

ちなみに斬れ味とダメージ補正を2段に分けて書いてありますが、
1段目と2段目で攻撃モーションの扱いが変わってきます。
出来れば2段目、つまり斬れ味””以降の武器を選択しましょう。


この武器はこのモンスターに有効?


次に覚えて欲しいのは、使っている武器が有効かどうかの判定です。

実際に斬っている時に感じる内容ですので
手遅れとは言えます。 次回の武器選定に役立てましょう。

ちなみにイャンクック、クルペッコ程度か、それより大きいモンスターは
頭、腹、翼、尻尾などの体の部位によって、
武器で攻撃を与えた時のダメージが変わってきます。

弱点があったり、硬い場所があったりします。

ちなみに、フルフルなら首が弱点、尻尾は固い場所です。
私の調べた資料ではフルフルは尻尾を攻撃した場合、首の3分の1程度までダメージが減少します。

ではモンスターのいろいろな場所を斬ってみます。

当たり方.jpg

もし、他を攻撃した時より
血しぶきが多い
当たったという光(エフェクト)が大きい
攻撃が当たった時に、少し攻撃モーションが止まる感じがあった

という違いを感じられた場合、
そこを攻撃すればそれなりのダメージが与えられます。
そして、その武器でそれなりのダメージが与えられたという証明です。
さらに攻撃を続けてみて、モンスターが良く ひるむ 場合は結構効いてます!


逆に、どこを攻撃しても上の様な手ごたえを感じられない、
それどころか何処を攻撃しても弾かれてしまうなんて場合は
その武器でのクエストクリアはかなりキツイです。
まれに、攻撃を続けると部位が壊れて弱点がようやく出てくる
バサルモス、グラビモスの例もありますが。


結局どの武器がオススメ?


基本は、手持ちの武器の強化素材が、
新しく受注出来る様になったクエストで入手出来る時は
必ず入手、強化する事で受注可能なクエストでは使える武器となります。

前半では鉄鉱石などの鉱物素材で生産する武器は
頑張って採掘を続ければそこそこ強化出来ますし、
斬れ味も骨素材で生産スタートする武器より高めなので
モンスターの狩猟に自身の無い方にはおすすめです。


武器の判断基準としては武器のレア度(RARE)を確認するという手もあります。
武器の詳細を確認すれば何処かに書いてあるはずですが・・

この数値が高ければ高いほど、良い武器です。
武器屋に行って
新しく生産出来る様になった武器や、
強化素材が入手出来そうな武器のレア度も確認して
もし同じなら構いませんが、
それより低ければ少し型が古い可能性があります。


全ての属性の武器を最高の強化状態で持つ気力があれば
全部揃えてモンスターによって有効な属性武器を選択するのが基本ベストですが、

それはメンドウ。
と言う方は武器の強化図などを何処かで入手、
またはネットで見つけて
無属性の武器を無属性のルートで強化し続けるという手もあります。
入手出来る中で最高の強化状態の無属性の武器は
そこそこの腕前があれば普通のクエストはクリア可能です。

普通では無い、高難度のクエストは、クエストタイトル周辺に”高難度”と表記されていたり
クエストの説明分でいつもより難しいと書いてあったりします。

そう言ったクエストや苦手なモンスターが居て、どうしても狩猟出来ない、
クリア出来ない場合は時は、
あきらめて相手の苦手な属性の武器やそのクエストに有効な武器を生産します。



と、長々と書きましたが私個人のオススメの武器は


序盤は無属性の鉱物生産系の武器となります。

大抵前半に鉱物生産した武器を、
途中で派生強化ルートがあっても無視して
一番上のルートを突き進む事で強化し続けられます。

ただ、この武器はそこそこ使える武器であって
それぞれのクエストで見れば、最適の武器ではありません。

苦手なクエスト、モンスターが居ればやっぱり有効な属性の武器を生産します。

中盤、後半になって大体武器の事が分かってきたら
自分の気に入ったものを生産しましょう。
属性を持つ武器
毒を与える武器
麻痺させる武器など沢山の種類の武器が存在します。

脱初心者!攻略カテゴリーに戻る

posted by Is at 12:56 | Comment(0) | 攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする